COLLECTION01

COLLECTION02

COLLECTION 02

その街はどこにあるのか。
アジアの都市か、ヨーロッパの都市かもしれない。
風景からかろうじてわかるのは現代の大都市であるということだった。

飛行機が着陸すると深夜を回っていた。
ボーディングブリッジを抜けて到着ロビーに着くと、空港の無機質な空間は
緑がかったような光を帯びていた。

多くの乗客は着陸の衝撃音で目覚めたばかりで、まるで夢遊病者のように
ラゲージをひいて入国審査へと向かっていった。
アナウンスと足音だけが閑散とした空間に響いていた。

カフェもギフトショップも閉じていた。
見慣れない記号の白いネオンサインがうっすらと灯るただ一つの店を除いて。
光るウィンドウの横を足早に人が過ぎていく。
深夜の空港の中で、その店に気が付いている乗客は私以外にはいないよう
だった。

光に吸い寄せられるように店に入ると、店内は壁、そして床も天井もアルミニウムで作られたような銀色の空間だった。
白い光が店内のあちこちに反射し、その光景は古いSF映画のワンシーンを思い出させた。
銀色の棚の上にはエアラインバッグが飾られていた。
バッグを手に取ると、銀色の手袋をした長い髪の店員がこちらを見て微笑んだ。
店員は琥珀色の瞳をしていた。

私はバッグを選び、買うことにした。
次の旅でこのバッグを使っている自分を想像した。
店を出る時、店員が私に向かって静かに呟いた。

“WELCOME TO BIÉDE”

空港をどれくらいの間、歩いていただろうか、私はバッグに黒い鍵がかかっていることに気付いた。
錠には白いネオンサインと同じ、見慣れない記号の刻印がされていたが、
鍵は見つからず、それを開けることはできなかった。
夜明けまでにはまだ時間があったが、タクシーの車内から見える空の色は
深い青に染まっていた。

街はまだ眠っている。
家に戻ると、黒猫が見慣れない黒い革の首輪をつけてソファに座っていた。
首輪の金具には黒い小さな鍵がぶら下がっている。
ソファの上に置いたバッグに向かって猫が鳴き始めた。
私は首輪から鍵を外して、バッグの錠の鍵穴に挿し込んだ。
鍵は古い時計の針が進んだときに鳴るようなカチリとした乾いた音を立てた。
鍵が開いた。
バッグを開けると地図が入っていた。

“WELCOME TO BIÉDE”

私はバッグと地図を持って街に出た。
高速道路から見る早朝の街は、薄い赤みを帯びていて、フィルターを通して見ているような感じがした。

地図が示す場所は、路地にある古いビルだった。
看板の無いそのビルの中に入ると、焼き菓子のような甘い、どこか懐かしい匂いがした。
灰色のドアの奥から、空港で時折耳にするような、異国の言葉が混ざり合って聞こえた。
私はそのドアをゆっくりと開けた。

遠くから搭乗のアナウンスが聞こえた。
私は空港の出発ゲート前で、トランジットの飛行機を待っていた。
遠く視界の片隅で、あの白いネオンサインが光っているのが見えた。

COLLECTION 01

She does not know where it is, but it seems to be a city in Asia, or perhaps in a city in Europe. Anyway, this story is about one of the modern megalopolis in contemporary society.

One night, she had a dream. In the dream, she opened the iron door of an old building covered in fog and ivy. The walls of the room were lit by a faint moonlight, and there was something like a symbol floating on the wall. She was not sure what that meant.

Then a few days passed. It was around midnight after work. She decided to take a little detour home. She chose an alleyway that she didn't usually go through. All the shops were closed, but she could see one shop with a faint light on. The shop window was decorated with bags and looked like a boutique. She looked into the store from the outside and saw a strange-looking clerk dressed in black. The clerk smiled at her. She could not tell the gender or age of the clerk, but she thought the black-dressed clerk looked very attractive. She walked into the store with some curiosity.

She picked up a bag emblazoned with a symbol she had seen before. She was not sure if it was a symbol from her dream of a few days ago. Thinking that this might be a déjà vu, she looked at herself in the mirror. She decided to buy that bag. The next night. She walked down the alleyway to the boutique again. When she walked to the location of the boutique where she had picked out her bag last night, she found an empty lot. The boutique she had visited yesterday was nowhere to be found. The store vanished. A black cat was looking at her from the middle of the empty place. A year later. She had not seen the boutique in the alleyway since then. But she always carried the bag, as if someone who likes books always carried them. The vacant lot where the boutique would have once existed had turned into a bar. One day, as she walked past the bar, a lithe, cat-like person walked in. Strangely enough, the bag the person was carrying was the one she had seen in that vanished boutique. Seeing the bag, she decided to go into the bar. The room was dark, and she could not see well. The bar was quiet, but there seemed to be seven or eight people sitting at the counter. A whisper and a faint sound of the piano drifted quietly in the room. She closed her eyes, then listened and focused her attention on the whisper of the people there. Apparently, the guests did not know each other. She felt as if she had been to this place a few times in her dreams. The gold embossed print on her bag reflected the light of the room, which was faintly lit in the dark space.    

Story by BIÉDE

English version is supervised by Wayne Conti of Mercer Street Books & Records, New York


Photography by Quentin Shih

时晓凡|クエンティン・シー(a.k.a. シー・シャオファン)は、中国北京を拠点に活動するヴィジュアル・アーティスト、 映画監督。Beijing Art Now Gallery (北京)、 Inception Gallery(Paris)、Galerie XII Los Angeles(Los Angeles)で作品が紹介されている。過去にDior、Louis Vuittonなどのラグジュアリー・ブランドとのアート・プロジェクトにも参加。最新の作品には、写真集「FAMILIARS」(2019)。また長編映画「荒野咖啡馆」(The Café by the Highway)」(2020)が公開予定。2021年9月26日から10月26日まで、Shenzhen Museum of Contemporary Art and Urban Planningにて開催中のDiorによる展覧会「ART’N DIOR」に参加。


quentinshih.com


EN