COLLECTION 01

その街はどこにあるのか。
アジアの都市か、ヨーロッパの都市かもしれない。
風景からかろうじてわかるのは現代の大都市であるということだった。

彼女はある夜に夢を見た。
霧と蔦におおわれた古い建物の鉄の扉を開けると、
淡い月の光が映った壁に記号のようなものが浮かんでいた。

彼女にはそれが何を意味するのかはわからなかった。

それから数日が経った。
彼女は仕事の後、少し遠回りをして家に帰ることにした。
0時を回っていたが、いつもは通らない路地を選んだ。

どこも店は閉まっていた。
ただ一軒だけ、淡い光が灯っている店が見えた。
ショーウィンドウにはバッグが飾られていて、そこはブティックのようだった。

外から店の中を覗くと、黒い服に身を包んだ不思議な風貌の店員がいた。
その店員の性別や年齢はわからないが、
その人は微笑みを浮かべ、とても魅力的に見えた。
彼女は何だか気になってその店に入った。

彼女はそこでバッグを手にとった。
バッグには記号が刻印されていた。
その記号が夢に出てきた記号なのか、確信はなかった。
もしかしたらデジャヴかもしれないと思いながら、鏡に映る自分を見た。
彼女はそのバッグを買うことにした。

翌日の夜。
彼女はもう一度ブティックのある路地を歩いてみた。
昨晩バッグを選んだブティックの場所まで歩くと、
そこは何もない空き地になっていた。
昨日訪れたブティックはどこにもなかった。
空き地の真ん中から黒い猫がこちらを見ていた。

1年後。

その後、そのブティックを見かけることはなかった。
彼女はいつもそのバッグを持ち歩いていた。
本を好きな人がいつも本を持ち歩くように。
ブティックがあった空き地はバーに変わっていた。

ある日、彼女がそのバーの前を通ると、
しなやかな猫のような人が入っていくのが見えた。
不思議なことに、その人が持っていたバッグは
彼女があのブティックで見かけたものと同じものだった。
それを見て、彼女はバーに入ってみることにした。

部屋は暗く、彼女には人の姿がよく見えなかった。
バーは静かだったが、人の気配からカウンターには、
7、8人の人が座っているような気がした。

囁き声と、かすかにピアノの音が聞こえた。
眼を閉じて耳をすまして会話を聴くと、そこにいる客たちは互いのことを
知らない様子だった。
彼女は夢でこの場所に何度か来たことがあるような気がした。
バッグに金色で型押しされた刻印が、暗い空間の中でかすかに灯る
部屋の光を反射していた。

COLLECTION 01

She does not know where it is, but it seems to be a city in Asia, or perhaps in a city in Europe. Anyway, this story is about one of the modern megalopolis in contemporary society.

One night, she had a dream. In the dream, she opened the iron door of an old building covered in fog and ivy. The walls of the room were lit by a faint moonlight, and there was something like a symbol floating on the wall. She was not sure what that meant.

Then a few days passed. It was around midnight after work. She decided to take a little detour home. She chose an alleyway that she didn't usually go through. All the shops were closed, but she could see one shop with a faint light on. The shop window was decorated with bags and looked like a boutique. She looked into the store from the outside and saw a strange-looking clerk dressed in black. The clerk smiled at her. She could not tell the gender or age of the clerk, but she thought the black-dressed clerk looked very attractive. She walked into the store with some curiosity.

She picked up a bag emblazoned with a symbol she had seen before. She was not sure if it was a symbol from her dream of a few days ago. Thinking that this might be a déjà vu, she looked at herself in the mirror. She decided to buy that bag. The next night. She walked down the alleyway to the boutique again. When she walked to the location of the boutique where she had picked out her bag last night, she found an empty lot. The boutique she had visited yesterday was nowhere to be found. The store vanished. A black cat was looking at her from the middle of the empty place. A year later. She had not seen the boutique in the alleyway since then. But she always carried the bag, as if someone who likes books always carried them. The vacant lot where the boutique would have once existed had turned into a bar. One day, as she walked past the bar, a lithe, cat-like person walked in. Strangely enough, the bag the person was carrying was the one she had seen in that vanished boutique. Seeing the bag, she decided to go into the bar. The room was dark, and she could not see well. The bar was quiet, but there seemed to be seven or eight people sitting at the counter. A whisper and a faint sound of the piano drifted quietly in the room. She closed her eyes, then listened and focused her attention on the whisper of the people there. Apparently, the guests did not know each other. She felt as if she had been to this place a few times in her dreams. The gold embossed print on her bag reflected the light of the room, which was faintly lit in the dark space.    

Story by BIÉDE

Photography by Quentin Shih

时晓凡|クエンティン・シー(a.k.a. シー・シャオファン)は、中国北京を拠点に活動するヴィジュアル・アーティスト、 映画監督。BEIJING ART NOW GALLERY、INCEPTION GALLERY(Paris)、Galerie XII Los Angelesで作品が紹介されている。過去にDior、Louis Vuittonなどのラグジュアリー・ブランドとのアート・プロジェクトにも参加。 最新の作品には、写真集「FAMILIARS」(2019)。また長編映画「荒野咖啡馆」(The Café by the Highway)」(2020)が公開予定。


quentinshih.com

Story by BIÉDE

Photography by Quentin Shih

p>Quentin Shih (a.k.a. Shi Xiaofan) is a visual artist and a film director based in Beijing, China. His photography work is represented by international galleries in BEIJING ART NOW GALLERY、INCEPTION GALLERY(Paris)、Galerie XII Los Angeles. He has also participated with various art projects of Dior and Louis Vuitton. His recent work includes photo collection "FAMILIARS" (2019) and a feature film "The Café by the Highway" (2020).


quentinshih.com


EN